どうも☆ ゆめですヽ(^0^)ノ

突発的に”これだ”と思いエントリーした結果がこちら

 

でもってこの時の実践チャートがこちら

 

赤文字・・ヒット

ピンク・・エントリー見送り

 

今回バイナリーの実践で使用したインジケーターは

スパンモデルのスーパーボリンジャーです

マーフィーの最強スパンモデル

マーフィーさん考案の「スパンモデル」と「スーパーボリンジャーは

大手証券で幅広く採用されています

>>スパンモデルの詳細を見てみる


本日実践したのはGMO証券。

GMOにはスパンモデルとスーパーボリンジャーが標準装備されているので

FXはもちろんのこと、バイナリーオプションでも使っています^^

 

ここで重要なのは

”エントリー出来る相場”

”エントリーを見送るべき相場”

この2つをスーパーボリンジャーで見極めていきます

 

方法は以外と簡単です。

スーパーボリンジャーのラインとトレンドラインに注目します。

手法的にはスキャルピングと一緒。

 

私の場合、使う時間足は5分足と1分足スパン。

念の為、15分足(スパン)の動き(抵抗ライン)も確認します

 

相場はスーパーボリンジャー、トレンドライン付近で反発する傾向があるので

ローソク足の勢いを見ながらエントリーの方向性を決めていきます

 

”ローソク足の勢い”

・・・な~んて一見して素人丸出しかも知れませんが

バイナリーオプションの様な超短期トレードの場合、

ローソクの勢いもある意味勝敗の分かれ道になると思います

 

反発ポイントを予め予想出来るスーパーボリンジャーは

バイナリー連勝に役立ちます

 

かなりオススメです☆

>>スーパーボリンジャーの詳細を見てみる